100以上のかかしが住む奥播磨

かかしを持つ人々
あなたはそれを知っています 破るハードホビット 惑星の隅々にある好奇心をそそる場所を見せることが大好きです(フライガイザー、湖に沈む森、色とりどりの山々、岩が何百メートルも吊るされている...)。そこで、100人以上のかかしが「生きている」奥播磨の日本人に会ったとき、私たちはあなたを紹介するのをためらいませんでした。はい!はい!あなたがそれを読んでいるように!人形はいたるところにあり、肉体と血の人のように日常の仕事をしています。

日本のこの好奇心の強い町についてもっと知りたいですか?さて、私たちが次にあなたに伝えることに非常に注意してください!

かかし村

奥播磨はかかしの町として知られています。姫路市安富の関地区に位置するこの町は、 訪問者 まるで人のように着飾った等身大の人形のおかげで:作業着、麦わら帽子、着物、帽子など...


かかし1を持つ人々

都市を促進するために

この奇妙な考えは、 岡上正人、関で生まれた61歳の男性。日本人は奥播磨の住民の助けを借りて、2010年に「故郷」を宣伝することを目的にかかしを作成し始めました。そして、これらの人形で、彼は近年、仕事を探すために都市に行った場所の最年少人口の大規模な移動の後、訪問者を引き付けることを意図したということです。この事実は、町の大多数の人々が65歳以上であることを生み出しました。

合計100かかし

合計で、これらはすでに農地や家にある100以上のかかしです 放棄された。次に、この好奇心town盛な町の多くの画像を提供するギャラリーを残します。お見逃しなく!

かかしの暮らす里 | nippon.com (七月 2020)


  • 1,230