ホフブロイハウス、世界で最も有名な醸造所

ホフブロイハウス正面
特徴的なものがある場合 ミュンヘン多くの国際的なタイトルを獲得したサッカーチームに加えて、それはビールへの情熱です。それはこの飲み物が最も消費される都市の1つであり、真実はそれが私を驚かせないということです。そこでは、のどが渇かないように、1リットルまでのピッチャーであらゆる種類のビールを味わうことができます。

世界で最も有名な醸造所と考えられているものを直接目にすることができました。と呼ばれます ホフブロイハウス 巨大であり、毎日約35,000人の訪問者が訪れると計算されているため、その中で迷子になります。実際、この都市のもう1つの観光名所は、1589年にバイエルン州のヴィルヘルム5世公爵がヴィッテルスバッハ家へのワイスビアの提供者として開業したときの建物です。それはまた、世界で最も古い醸造所でもあります。

ビール、食べ物、音楽、そして仲良し

1944年と1945年の爆撃で破壊されましたが、1958年に市の800周年に合わせて場所が再建されました。今日、私たちは美しいラウンジを楽しむことができます。そこでは、国内で最高のビールを食べて味わうだけでなく、聞くこともできます 生演奏 さらに元気づけるために。観客を喜ばせるために毎日演奏されるバイエルン音楽(オールセインツとイースターの日を除く)。


ホフブロイハウスのインテリア
ビールは高価ではありません。実際、ドイツから帰国すると、実際に水と同じ費用がかかるという感覚が残ります。彼らはあなたに半分リットルの水差しを請求します 4.20ユーロ そして、1リットルの水差しのために彼らはあなたに請求します 8ユーロ。ホフブロイハウスで提供される地元の料理の典型的な料理は味と価格の両方で非常に優れているため、ランチやディナーに立ち寄ることを強くお勧めしますが、印象的なキューは何時ですか早めの食事時間にまだ慣れていない場合は、できるだけ遅く過ごすことをお勧めします(昼食は15:00、夕食は22:00)。

の販売 お土産

購入せずにそこを離れることはできません お土産 ちなみに醸造所の所有者によって管理されていない付属店で。私はそこにホフブロイハウスのロゴが入ったリットルのビールジョッキを残しました。費用は9.95ユーロでした。

伝説

他の魅力的な場所と同様に、何年も前に醸造所で起こったことを語る伝説があります。 アロイス・ヒンゲル 彼はその場所の常連で、入るやいなや、敷地の左側にあるテーブルの1つに常に座っていました。彼が亡くなったとき、彼は可能な限りのことをしました 神様 私は彼にミュンヘンでの任務を任せましたが、彼は彼の要求を認めざるを得ませんでした。実際、ホフブロイハウスに戻る戦略でしたが、彼はそこに戻り、現在最も古いテーブルの1つを占めることになりました。それらは、マックス・リットマンが醸造所の新しいデザインを完成させた1897年にさかのぼります(下にある写真はその時のものです)。


アンティークホフブロイハウス
それ以来、彼らはホフブロイハウスの天使がナックルでビールを飲み、ビジネスの円滑な運営を毎日見ていると言います。 その他の逸話 彼らは、1908年にウェイトレスが顧客にレモネードを提供することを拒否したか、その年に旅行サーカスから逃げた象が敷地に引き付けられ、別の顧客として入ることを決めたと言います。

彼の最も人間的な側面

本当のことは、毎年12月24日に部屋がドアを開けること 貧しい お金を気にせずにおいしい夕食を楽しむことができます。間違いなく、ホフブロイハウスが世界最高の醸造所以上のものであることを実証しています。

そこに着く方法

午前9時から午後11時30分まで営業しており、メトロラインU3およびU6(マリエン広場で下車)、バス52番線、またはS1、S2、S3郊外線、 S4、S6、S7、S8、S27、SP1およびSP2。正確な場所はPlatzl 9です。

【マルヨシセンター】 「世界のビールフェア -WORLD BEER FAIR-」  7分PV (かもしれません 2021)


  • ミュンヘン
  • 1,230