有名なシスティーナ礼拝堂を訪れる


システィーナ礼拝堂 バチカン市国とイタリア全土で最も重要な場所の1つであり、国全体で最も重要な観光名所の1つとなっています。 1471年から1484年の間に建てられ、当時の教皇がシックストゥス4世だったため、その名前が付けられましたが、当初はパラティーヌ礼拝堂と呼ばれていました。建築家のジョヴァンニ・ドルチがそれを建てた人でしたが、 ミケランジェロ ジョバンニのことをすでに忘れていました。

また、コンクレーブやさまざまな 公式式。形状は長方形で、長さ40メートル、幅13メートル、高さ約21メートルです。ミゲル・アンヘルはそれを装飾する責任があり、それが今日それがどれほど重要であり、主にそのために知られるようになった。などの他のアーティスト ボッティチェリ、Signorelli、Pinturicchio、Ghrilandaio、Peruginoですが、間違いなくミケランジェロの足跡が最も重要です。

見つけることができるフレスコ画は、さまざまです 絵画で描かれたシーン、彼らはその美しさと壮大さで楽しむために時間を費やす価値があります。彼らはシスティーナ礼拝堂の両側にあり、次のとおりです。

1.ピンチュリッキオによる割礼。
2.ピントゥリッキオによるキリストの洗礼。
3.ボッティチェリのモーセの物語。
4.ボッティチェリによるキリストの誘惑。
5. Rosselliの紅海Pass。
6.使徒の呼びかけ、ギルランダイオ。
7.律法の書をモーセに伝える神、ロセッリ。
8.ロセッリの山上の説教。
9.ボッティチェリ著のコア、デーサン、アビロン。
10.ペルジーノ出身の聖ペテロに鍵を渡すキリスト。
11.ディナー、Rosselli。

システィーナ礼拝堂の天井はいくつかのセクションに分かれており、創世記、キリストの祖先、預言者、または アダムの創造、ミケランジェロの有名なシーンです。

【イタリア旅行????????】ローマ・バチカン市国の観光スポット / サンピエトロ大聖堂・システィーナ礼拝堂・コロッセオ【オトナの夜半呑み】 (七月 2020)


  • システィーナ礼拝堂、ローマ、バチカン
  • 1,230