フィンランドの怒っている鳥のテーマパーク


ビデオゲーム 怒っている鳥 しばらくの間携帯電話を席巻してきましたが、一部の国ではテーマパークに参加することを決めた一部の国で目覚めた情熱があります。これは フィンランド、誰もがさまざまな方法でそれを楽しむことができるように、常に怒っているフレンドリーな赤い鳥に大きな敬意を払うことにしました。

発売以来、いくつかのビデオゲーム、コミック、映画、さらには料理本さえも作られています。今来ます 怒っている鳥の土地で開きます タンペレ 来年4月28日、特にサルカンニエミ公園のエリア。そこでは、テーマパークにあるあらゆる種類のゲームやアトラクションを見つけることができますが、ジェットコースターからバンパーカーや他のアトラクションまで、常に主人公として小鳥と一緒にいます。

このビデオゲームが他のテーマパークがすでに英国、中国、または米国で準備されていることを喚起する怒りです。ビデオゲームの起源はフィンランドの会社によるものであるため、彼らが最初に賭けたのは驚くことではありません 怒っている鳥のテーマパーク。 2009年に作成された翌年には、世界中で1,200万件以上のダウンロードを達成し、その後Apple App Storeで最もダウンロードされたアプリケーションになりました。

このビデオゲームでは、 鳥の群れ その使命は、豚の群れがそれらを盗んだ後に巣から卵を回収することです。目的は、ガラス、木材、石、その他の材料のさまざまなシェルターを克服することで、さまざまなレベルを完了することです。パチンコやばねの助けのおかげで、豚を排除してレベルアップするために、これらの構造に対して鳥を発射する必要があります。

Angry Bird Activity Park Johor Bahru (JB) - Angry Birds Theme Park Johor Malaysia (七月 2020)


  • テーマパーク、タンペレ
  • 1,230