人生で少なくとも一度は訪れなければならないスペインの町

ロンダタウンマラガ
おそらくあなたに言う必要はないでしょう スペイン それは観光の世界的大国になることを可能にする無限のインセンティブを持つ国です。私たちは通常、海岸を思い浮かべて、海と天気の良さに加えて、ここでの食事の良さを強調します。しかし、イベリア半島の縦横に分布しているいくつかの町の美しさについて話すのも公平だと思います。それらのいくつかはビーチから数百キロ離れていますが、それは彼らが訪問する価値がないという意味ではありません。

この記事では、生涯に少なくとも一度は訪れるべきだと思う最大7つのスペインの町をまとめました。彼らに会いたいですか?

ペラタラーダ(ジローナ)

花びら
花びら 石畳の通りを歩いて見られるものを見逃さないように、目を大きく開いて、常に目を覚ましている町の1つです。それは中世の起源であり、そのほとんどを保持していることが理解されていることに注意してください 旧市街一方で、植生がルートを描き、写真を求めて叫ぶ多くの家のファサードを並べていることも素晴らしいニュースです。


プリエゴデコルドバ(コルドバ)

プリエゴデコルドバ
プリエゴデコルドバは、多くの泉で「水の都」として知られていますが、花々でいっぱいの白いファサードの美しい混合物が印象的です。 路地。さらに、聖母被昇天教会など、バロック様式の宝石がいくつかあることを自慢できます。

推奨記事:コルドバで最も美しい町。

ラアルベルカ(サラマンカ)

ザプール
サラマンカ県の南にあるシエラデフランシアでは、ラアルベルカは 歴史芸術コンプレックス 1940年以来。その建築、狭い通り、花で飾られた美しいバルコニーは、なぜ観光客の間でとても有名なのかを説明します。天気の良い日が来ると、人口1,200人を超える人口が増えます。


サンティジャーナデルマル(カンタブリア)

サンティジャーナデルマルカンタブリア
カンタブリアは美しい土地であり、それはサンティリャーナデルマルのような特徴的な美しさの町のおかげです。それは「聖」でも「平地」でもなければ「海」もないので、「3つの嘘の村」として知られています。そこには見るべきものがたくさんありますが、おそらく最大の関心のポイントは アルタミラ洞窟、それは約18,000年前に生息していたため、ロックアートの紛れもない例です。

アルバラシン(テルエル)

アルバラシン
テルエルは存在しますか?もちろん!そして、都市そのものだけでなく、アルバラシンのような町にボールを与える必要もあります。 国宝 さまざまな理由で。人口1,000人を少し超えるだけで、その歴史的中心地は壮観であるという理由があります。 1961年に歴史的芸術的建造物として宣言され、提案が受け入れられた場合、ユネスコによって世界遺産になる可能性があります。聖公会宮殿、その城、ウォーカータワー、大聖堂...見どころがたくさんあります。

ロンダ(マラガ)

ラウンド
それを考える人は少なくありません ラウンド それはスペインで最も美しい町です(あるいは、3万人以上の住民がいる都市ですか?)。 そこで何ができますか? まずは、200年以上前に建てられた新しい橋の高さ100メートルから見ることができる景色をお楽しみください。もう一つの良いアイデアは、アラメダ・デル・タホを散歩することです。これは、プラザ・ソコロとその周辺の通りを散歩すると言われるのと同じことです。フアンボスコの家を訪れたり、アラブのロンダの浴場でリラックスすることもできます。

ベサルー(ジローナ)

ベサル
私はすでにジローナの町について話したことは知っていますが、話をせずにこのリストを終わらせることはできませんでした ベサルー、にあるべき町のもう一つです ウィッシュリスト すべての旅行者の。すべての建物は歴史的であり、フルビア川に架かる美しい橋があるため、中世のように感じるでしょう。その要塞化された橋は不思議です ベサルーのミクヴェ、15世紀のものです。周辺では、ベサルーの旧ユダヤ人地区の遺跡も見ることができます。

推奨記事: スペインで最も美しい町.

【詩歩の絶景フランス旅 サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の出発地点】 (かもしれません 2020)


  • 1,230