フィンランドで最も美しい村

ポルヴォー1
一年を通して寒すぎ、遠く、暗闇が長すぎるように思えるかもしれませんが、真実は、旅行を促す多くの理由があることです フィンランド:原生林、多数の湖と島、ユニークなアクティビティ(凍ったプールで泳いだり、サンタクロースに会い、トナカイとスキーをする...)、オーロラ、観光客に囲まれないという確実性...

首都ヘルシンキのほかにも、フィンランドには訪れる価値のある場所がたくさんあります。あなたにそれを証明するために、今日私たちは話します 国内で最も美しい。参加しませんか?

ロバニエミ

ロバニエミ
それ以外の場合はどうでしょうか、私たちはの町について話すことから始めます サンタクロース (はい、サンタクロースはフィンランドに住んでいます)。フィンランドのラップランドの首都、ロバニエミに言及しています。北極圏に位置するこの都市は、スノーモービル、トナカイ、ハスキーサファリ、クロスカントリースキーまたはスノーシュー、リバークルーズ、太陽を見ながらさまざまなアクティビティを実行できる非常に近代的な都市になりました。真夜中...もちろん、この場所をこの国で最も特別な場所にしているのは、一年中クリスマスを楽しめることです。


サヴォンリンナ

サヴォンリンナ
このリストを見逃すことのできない別の場所は、サヴォンリンナ、設定にある魅力的な町です 魔法の。そして、それはハアパヴェシ湖とピラージャヴェシ湖の間に分布する島の数珠に分かれています。この場所で最も印象的なことは、島にあるオラヴィリンナと呼ばれる城です。加えて、キロンサルモ海峡橋からの眺めも気に入るはずです。

ナーンタリ

ナーンタリ
フィンランド南西部のトゥルク市から20分のところにあるナーンタリの町は、フィンランドの主要な観光名所の1つになりました。 ヘルメット 木造住宅によって形成された古い。さらに、3面が海に覆われているため、夏にはヨットがこの町の海岸に侵入します。

サラ

サラ
ロバニエミとクーサモの中間に位置し、ロシア国境に非常に近いフィンランドのラップランドに位置するサラは、高品質の材料、高品質の雪、美しい森で建てられた小さな町です。ここで作ることができます クルーズ 大きなボートで(夏のみ)、世界最高のスキーリゾートの1つを楽しみ、トナカイとハスキー公園を訪れます...

ポルヴォー

ポルヴォー
また、このリストで見逃せないのは、ヘルシンキから50キロ離れた美しい町、ポルヴォーです。フィンランドで2番目に古い都市(800年前に設立された)と考えられているこの都市は、多くのフィンランドの芸術家のインスピレーションの源であり、故郷でもあります。 De Porvooは彼を強調しています 、海岸にある有名な赤い家など、町の最も重要なエリアを通過します。どうやら、これらの家はポルヴォーに来たスウェーデン王グスタフ3世に敬意を表してこの色で塗られたようです。

ペタヤヴェシ

ペタジャヴェシ
インクつぼに多くの美しい村が残っていることを知って、私たちは1763年から1765年の間に天然の松に建てられた有名な旧教会を収容する小さくて静かな町、ペタヤヴェシでフィンランドのツアーを終了します。東スカンジナビア建築のルター派教会は、ルネッサンス様式の細部と他のゴシック様式の様式を組み合わせています。によって世界遺産に宣言されたことに注意することが重要です ユネスコ さらに、ペタヤヴェシは衝突クレーターで形成されたカリッコセルカ湖で知られています。

本物のサンタがいるフィンランドの村で遊んだ【FINLAND VLOG #5】 (七月 2020)


  • 1,230